RHEL7にJDKをインストールする

2019年8月2日

RHEL7にJavaのJDKをインストールしてみます。

動作環境

・OS   : Red Hat Enterprise Linux Server release 7.4 (Maipo)
・JDK : JDK1.8.0_191

JDKをダウンロードする

以下のOracleのサイトからJDKをダウンロードします。
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
今回はRPMパッケージでインストールします。

RPMパッケージを展開する

# rpm -ivh jdk-8u191-linux-x64.rpm 
警告: jdk-8u191-linux-x64.rpm: ヘッダー V3 RSA/SHA256 Signature、鍵 ID ec551f03: NOKEY
準備しています...                     ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:jdk1.8-2000:1.8.0_191-fcs        ################################# [100%]
Unpacking JAR files...
	tools.jar...
	plugin.jar...
	javaws.jar...
	deploy.jar...
	rt.jar...
	jsse.jar...
	charsets.jar...
	localedata.jar...

RPMパッケージを展開すると「/usr/java/jdk1.8.0_191-amd64」にインストールされています。

ここでJavaのバージョンを確認します。
デフォルトでRHELにインストールされているOpenJDKが出力されてしまっています。

# java -version
openjdk version "1.8.0_102"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_102-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.102-b14, mixed mode)

インストールしたJavaにシンボリックリンクを設定する

インストールしたJavaがデフォルトで使用されるようにシンボリックリンクを設定します。

# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/jdk1.8.0_191-amd64/bin/java 200000

次に、Javaコマンドを実行するときにどのインストールモジュールを使用するか設定します。

# alternatives --config java
3 プログラムがあり 'java' を提供します。
  選択       コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1           java-1.8.0-openjdk.x86_64 (/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.102-4.b14.el7.x86_64/jre/bin/java)
   2           /usr/java/jdk1.8.0_191-amd64/jre/bin/java
   3           /usr/java/jdk1.8.0_191-amd64/bin/java
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:3

Javaのバージョンを確認してインストールしたバージョンのJavaが使用されていることを確認します。

# java -version
java version "1.8.0_191"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_191-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.191-b12, mixed mode)